Uncategorized

低学歴にオススメしたい職業 ITエンジニアとは

この記事を読むとわかること
  • 低学歴・未経験でもITエンジニアに転職できる
  • ITエンジニアの仕事内容・職種・給与・魅力がわかる

こんにちは、現役の低学歴システムエンジニアのひきわけです!

転職を考えた時に低学歴の人はこんなことを思いませんか。

低学歴だと選べる仕事が少ないよね…

肉体労働・営業・飲食系とかに限られちゃうよね…

そんな方に向けて、低学歴でも転職できるITエンジニアをことを知って欲しいと思い記事を書きました!

本記事ではITエンジニアの事を知ってもらい、興味を持ってもらえるようにまとめました。

どうせ一部の優秀な低学歴がITエンジニアになれる。私は勉強嫌いだから無理と思っている人は安心して下さい。

なぜなら、筆者はIT業界未経験の中卒でもITエンジニアに転職して10年以上働き続けているからです。

ひきわけ
ひきわけ

自分の未来は自分だけが変えられる!

知ることが変化への第一歩になるよ!

記事前半ではITエンジニアの仕事内容や給与と職種のことを、後半ではITエンジニアの魅力について解説するので、じっくり読み込んでください!

この記事を書いた人
プロフィール
名前:ひきわけ
学歴:中卒
職業:システムエンジニア(経験15年目)
仕事内容:システム企画/設計/開発/運用
保有資格:ORACLE(Silver)/CCNA/LPICなど
プロフィールの詳細はここで見れます!

低学歴にオススメしたいITエンジニアとは

低学歴にオススメしたいITエンジニアとは

ITエンジニアの仕事内容

ITとはInformation Technologyの略称で情報技術のことで、ITエンジニアとは情報技術者の総称を指す職業です。

このブログが見れるのはページを表示する為のブラウザや通信する為のネットワーク、情報を発信するサーバが存在し、全てITエンジニアが企画・設計・開発・テストを行い安定したサービスを提供しているからです。

ITエンジニアにはシステムエンジニア、プログラマ―・サーバーエンジニア・ネットワークエンジニアなど沢山の職種が存在し、専門的な知識だけでなくコミュニケーション能力、文章力なども必要とされ、理系・文系・学歴・未経験問わず誰にでもITエンジニアを目指すことができます。

ITエンジニアの気になる給料事情、年収は?

ITエンジニアの職種にもよりますが、経済産業省によるとITエンジニアの平均年収は600万円程であるといわれています。(職種についてはこの後解説します)

また、平均年収が国内全産業のおよそ2倍近いことが実態調査の結果となっています。

ITエンジニアの就職先は?

ITエンジニアとして働くためには主に4つの就職先があります。

  • ①ソフトウェアを自社開発/販売する企業
  • ②システム開発や運用までトータルコーディネイトする企業(Sler)
  • ③SIerへ客先常駐する企業(派遣/請負企業)
  • ④フリーランス(起業)

 ※Sler読み方はエスアイヤーでシステムインテグレーターの略称
 ※④の働き方が珍しくないので含めました。

未経験で転職するのが③が多く、経験を積んでして①②④の道を選ぶ人も少なくありません。

ITエンジニアの職種について

ITエンジニアといってもさまざまな職種があります。その中でも代表的な8の職種と仕事内容について解説していきます。

システムエンジニア(SE)とは

システムエンジニアはシステム開発の工程(設計・開発・テストなど)に携わる職種で、主に企業(発注元)が必要としている要件を明確にしてシステムに必要な機能を定義し、設計書を作成しプログラマーに伝えシステム開発を行います。

そのため、システムに関する知識だけでなく聞く・引き出す・伝えるコミュニケーション能力や、ものごとを正確に伝える文章力が必要です。

プログラマーとは

プログラマーはシステムエンジニアが作成した設計書をもとに、プログラムを開発する職種で、更に細分化するとWebプログラマー・AIプログラマー・アプリケーションプログラマー・組み込み系プログラマーなどに分かれます。

また、プログラミングのスキルだけでなく設計どおりに動作するかバグを見つけるためのデバッグスキルも求められます。

ネットワークエンジニアとは

ネットワークエンジニアは、システムや企業で必要なネットワークの設計・構築・運用を行う職種です。

サーバーやセキュリティーなど幅広い知識が求められるだけでなく、ネットワークの仮想化を取り入れ始めている企業もあることで、更にプログラミングのスキルが求めらることが予想されます。

サーバーエンジニアとは

サーバーエンジニアは、システムや企業で必要なサーバーの設計・構築・運用を行う職種です。

サーバーのハードやOSだけでなくセキュリティーに関する知識が求められます。

システムに必要なリソースを見積したり、災害が発生してもシステムが使い続けられるように設計をしたり、サーバ障害が発生した際には原因を特定して復旧作業を行ったりします。

クラウドエンジニアとは

クラウドエンジニアは、AWS、GCP、Azure等のクラウドサービスに関する知識が求められます。

これまで多くの企業がサーバーやネットワークなどのインフラ環境を自前で持つオンプレミス(自社構築)を採用しておりました。

クラウドを利用することによりサーバーやネットワークの構築が画面を使って簡単にできるので、機器の調達・設置工事がなくなることによる工期短縮や、必要な時に必要な分だけリソース増減もカンタンに行えるのでコストダウンのメリットがあるため、クラウド環境へ移行する企業が多くみられます。

クラウドエンジニアはクラウドだけにととまらず、サーバーやネットワーク、セキュリティーに関する知識が必要です。

セキュリティーエンジニアとは

セキュリティエンジニアは、セキュリティを考慮したネットワークの設計・構築・運用を行う職種です。

これまでネットワークエンジニアがセキュリティを考慮するケースが多くみらましたが、より巧妙な手口による不正アクセスから個人情報や企業情報など秘匿性の高いデータを守るためにセキュリティ専門のエンジニアが必要となりました。

よって、ネットワークエンジニアのステップアップとしてセキュリティーエンジニアを目指すケースが多く見受けられます。

プロジェクトマネージャーとは

 プロジェクトマネージャは、プロジェクトの「ヒト・モノ・カネ」をマネジメントをします。ヒトは開発メンバーの調達を行い、モノはシステム開発の進捗を管理し、カネはプロジェクトの予算を管理します。

プロジェクトが円滑に進められるようにプロジェクトマネージャーが指揮をとりますが、開発メンバーに対するサポートも行うためエンジニアとしての知識や経験が求められます。

データーベースエンジニアとは

データベースエンジニアは、データベースの設計・構築・運用を行う職種です。データベースが止まることはシステムが止まることを意味していてデータベースは重要な役割を担っています。

そのため、データベースが停止しない構成や万が一の障害に備えてデータのバックアップや復旧方法の設計や構築を行います。運用では想定しない障害も柔軟に対応できる高度なスキルが求められています。

ITエンジニアは求人が多い

経済産業省の調査(2019年3月)によると、経済成長のIT需要の成長度合いにもよりますが2030年にはIT人材の不足数が低位では16万人、中位では45万人、高位では約79万人になると報告されています。

以上のデータから、IT業界は今後もエンジニア不足が見込まれ求人が多いいことがわかります。

◆出典:「IT人材需給に関する調査(概要)」(経済産業省)

ITエンジニアの魅力

専門スキルを身につけられる

仕事をしながら常に技術を学べるのもITエンジニアとして働く魅力のひとつです。

特にプログラミングのスキルは、他の会社に転職したり他業種のデスクワークに転職しても強みとして活かすことができます。

また現在、AI関連のスキルを持つITエンジニアの需要が高まっており、国を上げて高度IT人材の育成として支援をしています。

顔認証もAI関連の
技術が使用されてます

※AIについて知りたい場合はこちらの記事も合わせて読んでみて下さい。

年収アップしやすく高い年収を狙える

年齢や経験年数に関係なく実力次第で高い年収を目指せるのもITエンジニアの魅力のひとつです。

IT業界は成果主義を採用している企業が多いだけでなく、転職のハードルが低く転職のタイミングで大幅に年収アップすることも珍しくありません。

将来の選択肢が増える

ITのスキルを高めることで、将来の選択肢を増やすことが出来るのもITエンジニアの魅力のひとつです。

高いITスキルがあればヘッドハンティングで大手企業に転職する人や条件の良いベンチャー企業に転職したり、フリーランスや起業といった将来の選択肢が増えるようになります。

副業に活かすこともできる

ITのスキルがあれば、そのまま副業に活かせるのもITエンジニアの魅力のひとつです。

ツールの開発やWebページのデザイン作成などITエンジニアのスキルを活かすことができます。

マーケティングのスキルもあれば、自分でブログを開設して軌道に乗れば本業より稼ぐITエンジニアも珍しくはありません。

他にも魅力が色々